【2018就活】⑤ガクチカどう書きましょうか

さて、前回自己分析を通して、ある程度自分の強みや方向性を洗い出しましょうという事をお伝えしました。

今回は、その洗い出したこととガクチカを上手に絡めてESに纏めていきましょうというお話。

ガクチカをどうやって書くかってことですね。

 

実際に初期の頃のESの「ガクチカ」によくみられる文章が下のパターンです。

 

■私は大学時代にアルバイトに力を入れてきました。カフェのホールでのアルバイトをしており、

毎日お客様が多く訪れます。私は多くのお客様全員としっかり対応をしようと思い、2つの事を

心がけてきました。

①お客様が求めているものを把握するためにお客様に自ら声掛けをする

②お客様の求めているもの以外にもお客様のニーズに合ったものを提案していく

これら2つの事をするためにまずはお客様のお考えなどを傾聴して相手の立場に立った話を

していくことを意識しました。

その結果、多くのお客様から貴方に対応をしてもらって良かったと言ってもらえるようになり、

少しずつですがリピーターのお客様が増えていきました。

このようにアルバイトを通して相手の立場に立って物事を考えることの大切さをより感じることが

出来たと思っています。

 

どうでしょうか。カフェのアルバイトの話を書いている皆さん、同じようなこと書いていませんか?

このガクチカ、何が弱いのでしょうね。

皆さんが企業の採用の立場だとしたら、この話を聞いて何をもっと知りたいでしょうか?

皆さんならこの話をされる方を例えば「食品メーカーの営業職」「商社の一般職」として採用を

するでしょうか?

 

まず、先程の例再度見てほしいのですが、

書かれている内容がほぼ、「経験」「やったこと」の羅列なんですね。

簡単に行ってしまうと

 

■こんなことをしてきました。こんな風にやりました。こんなことを心がけました。こんな風にやったので

こんな風になりました。こんなことに気が付きました。

 

どうでしょう

朝起きました、顔を洗いました、洗うときには目元をしっかり洗うようにしています、洗い終わった際には

タオルでしっかり拭き取ります。

と同じようなことを「アルバイト」に変えて伝えているだけなんです。

つまりアルバイトのある日の行動がメインになっていて

■貴方がどんな風な想いをもっているのか

■どんな人柄なのか

■どんな価値観を持って行動をする人なのか

貴方を把握するには情報が足りないんです。

ところが多くの皆さんは「ガクチカ」では上記のように「経験列記オンパレード大会」なんです。

 

自分を伝えるという点では

例えば

■こんなことをしてきました。なぜこんなことをしたかと言う事こういう事を私は大切に考える人間だからなんです。だからこんなことをする際にはここに意識を置きました。ここに意識を置くようにしたのはこんな考えがあったからです。そうしたところこんな結果になりました。結果を生んだのはおそらく私のこんな考えがあったからだと思うんです。だから将来はこの自分の考え方を最大限活かして仕事などにも生かしていけば

自分にとってもプラスになると思うんです。

という、自分の考え、もっと言えば想いや思想をしっかり入れる。

わかりやすくいうと、経験したことを列記するのではなく、貴方の心情をも入れる「小説的イメージ」で

書いてみてはいかがでしょうか?

そうすると、カフェのアルバイトであっても、塾講師であっても、貴方と言う人柄がしっかりと伝わり

 

「この子を採用したら、こういう考えを活かして、こんな仕事をして会社貢献してくれる気がする」

企業はイメージが持ちやすくなるんです。

ただ、カフェでお客様対応をしたこと、こちらから話しかけていきました、のような経験の列記だけでは

イメージがつかめないんですね。

 

さて、結論に入りましょう。

つまりは、ESでガクチカを書く際には、是非「経験」だけに頼らずそこに付随する「想い」「考え」をしっかり入れ込んで、メインで企業に伝えるのは「経験」よりもその「想い」を通した貴方の人柄であること

ここを忘れずに文章にしていくことが大切です。

 

■私は大学時代にアルバイトに力を入れてきました。将来社会に出た際に多くの方とのやり取りが発生する

と考えたので、アルバイトを通してどのような人とも信頼関係を結ぶことのできるような能力をつけようと

思い、カフェのホールで接客を徹底してきました。

その際に一番心がけたのが、相手の立場に立って対応をすること、その為に、お客様のお考えを良く聞き、

お客様の考えを把握した上で適切な提案や対応をすることにしました。結果的に一人一人への対応時間は

長くなってしまう事もありましたが、お客様の立場に立つことでより意味のある接客をすることが

出来たと感じますし、何よりどのようなお客様とも短時間で信頼関係を構築することができるようになりました。お客様の意見、考えをしっかり聞く、傾聴するという当たり前の事ではありますが、その行動に対して

目標を持って動いた結果、より意義のあるアルバイトになったと感じています。

将来仕事をした際にはこの時の経験をより生かし、お客様の声を徹底して吸い上げ、より適切な対応や

提案をしていくように業務に力を注ぎたいと感じています。

 

コピペしないでね。

感覚としてはこんな風に大きく変わるんです。

貴方の想いしっかり文章に吐露していきましょう。