【自己PR】強みはもう一歩深掘りを

 

ESでも、面接でも就活において貴方の【自己PR・強み】を聞かれないことはありません。

強みや自己PRが「ふつう」で「ありきたり」なのですがそれでもいいでしょうかという質問にお答えします。

 

■普通で結構!

「貴方の自己PRを教えてください」

「はい、私は責任感が強い人間です」

「それは、ありきありですね」

というように展開する面接はまずありません。ありきたり、当たり前、普通の強みで全く問題ありません。

変わった「特異な強み」を企業は期待しているわけではありませんので。

 

むしろ

「私は責任感が強い人間です」と答えれば

「どういう点でその責任感を活かしてきましたか」とか

「責任感をそもそもなぜ持つようになったのですか」と更に先を行く質問をされることの方が多いです。

 

つまり、企業は【自己PR】そのものを気に掛けると言うよりも、

【その一歩先】を気にして選考をするという事です。

逆に言えば、その一歩先まで事前に自らで【深掘り】をしておくことで「ありきたり」でも

問題は無くなるという事ですね

 

■一歩先の深堀り方法

では、一歩先を深掘りするという事ですが、その深掘りどのようにすればいいのでしょうね。

こちらも簡単。

 ★理由

 ★考え

 ★キッカケ(実体験)

この3つを意識して再度振り返ってみることで一歩先まで深く掘り下げることができるはずです。

 

「責任感が私は強い」けれど、「なぜ強いのだろう、なぜ強くなったのだろう」

「何かそこには過去の経験、強くなるに至ったキッカケがなかっただろうか」

 

「そもそも責任感を意識しているけれど、責任感って自分にとって何なんだろう」

「責任感によってどんな成長があったのだろう」

「他の人に責任を持ってもらうより自分が責任を持つことを選択するのはなぜだろう」

などなど

理由、考え、ある意味自分の価値観や考え方を深掘りしていくわけですね

 

■自己PRの伝え方に厚みが出る

そうしていくと、自己PRをESに書く際に自然「厚み」が出てきます。

「私の強みは責任感が大きいところです。もともと、何かに対して任された以上は最後まで全うする

という思いが強く、様々なことを全うしてきた事で、「自分の成長」だけではなく、「組織やチームが

成長」するという事を学んできました。責任感を持って動くことが様々なところに影響力を

与え成長を促す事が楽しみに感じるようになり、責任感を持って物事にあたるようになってきています」

単に、責任感を伝えるのではなく、

その重要性、チームの成長までをも理解している

責任感から波及する大きな別のことまで理解している

そういう人だってことが伝わります。

 

こうなってくるともはや「ありきたり」「当たり前」ではなくなっていますよね

 

ちょっとしたことなんです。

 

一歩先を深掘りすること=自分の想いや考え、理由やキッカケを明確にすること

 

これだけで自己PRに限らず、動機等も深く厚みが出てくるってこと忘れないでおくといいと思います