【雑記】面接をして思う事

私は就活PLAZAの活動以外にも、企業で人事職もしています

毎年毎年様々な学生の皆さんとお会いし実際に人事として面接をしています。

更には併行して新卒採用以外にも中途採用、いわゆる転職組の皆さんとも面接をしています。

そんな中時々、新卒入社をして半年もたたない状態で転職をしたいという事で面接に来る方もいらっしゃいます。

 

折角、新卒入社したのにその会社をすぐに辞めてしまう事の是非はここでは問題にしません。

ただ、辞めると決めた理由は比較的、共通している傾向があります。

その一つとして、【実際に入ってみたが思っていた仕事、思っていた環境と違っていて興味が持てない】と言う事。

他にもさまざま理由はあるようですが、

最初に聞いていたものと仕事や環境が違って長く続けるイメージが持てないというような理由が多いと感じます。

 

ここらへん実は難しいんですよね、

会社説明会で企業は

会社の雰囲気、実際の先輩との座談会、仕事の内容などは伝えるのですがやはり企業説明会はどうしても

良い事を伝える場になってしまっていて、実際の仕事の大変さ、泥臭さは伝えていないというか、

伝わりにくくなってしまっています。

 

ですから、実際にはこんなに仕事に裁量を持って働けますよと言いつつも入ってみたらそんな環境でもなかったり、もっと言えば、うちはほぼ残業はありませんと言いつつ、実際に現場に行ってみるととてもじゃないけど帰れない、帰りにくい環境だったり

企業も多くの方に応募してもらいたいですし、良い人を採りたいからこそやはりどうしても

きれいに伝えたりすることが多いのも事実だと私は思っています。

 

逆に言えば、説明会での内容を聞きながらもしっかり自分なりに吟味をして、現実的にはどうなのか

若手社員や可能ならOBの皆さんなどにヒアリングをして、「自分なりに仕事や環境をしっかりと把握する」

ことも大切です。

 

この会社なら大手だし、良い人もいいし、理念もしっかりしているしというような「表面的」要素だけで

は仕事は長く続けることはできないと思います。

「働く環境」「給与」「休みが取れるか」「自分のやりたい事が少しでもできそうか」といった要素も

しっかりと考える必要があります。

 

この辺りは面接時にいろいろ聞くと「マイナス」に捉われる場合もありますから、

自分なりに事前にしっかり調べたり、内定が出てから人事の方のお話を聞いたりと

企業を自分も選択する意思を持って臨む姿勢が大切になりますね。

 

就活をする際に忘れてはいけないのは

企業に選んでもらうというスタンスではなく、自分でもしっかり企業を選別するという姿勢。

この辺りを持って自信を持って就活を進めていくのが大切ですね。