【就活ポイント⑦】キャリアに関する質問への対応

ESや面接などでよく聞かれるのが

「うちの会社に入ってどうなりたいですか」

「○年後はどうなっていたいですか?」と言う質問。

これって冷静に考えると、なかなか答えるには難しい質問です。まだ仕事を経験したことのない新卒の

皆さんにはその会社での仕事のイメージも沸いていない為、明確に答えるには酷な質問ではありますよね。

 

面接官「うちの会社に入ってどういうことをしたいですか、どうなりたいと考えていますか」

あなた「営業として入社をして、最初はがむしゃらに働きますが、結果をつけてやはり周りの方々から

    信頼される社員になっていきたいと思います。営業と言えば私と言われるような社員を

    目指します」

 

キャリアに関する質問に関しては殆どの皆さんが上記のように「信頼されるようになりたい」

「早くリーダーになってチームを纏めたい」などと、言うならば

【漠然とした内容】の回答になりがちなんですよね。

と言うのもその会社に入った際に、実際にどんな環境なのか、どんな仕事が任されるのかといった

事が分からないので、どうしても上記のように漠然としてきます。

当然にこのような【漠然とした内容】であればあるほど、

 

面接官「(信頼を貰う社員になりたいのであれば、うちの会社でなくても他の会社でもそれはできる

    事だと思うんだよなぁ)」

 

という印象を与えてしまう事にもなりかねません。

つまりもっと言えば

 

面接官「(その答えなら、うちの会社じゃなくてもいいじゃん)」

 

となってしまうわけです。

 

出来うることなら、このような印象になることは避けていきたいところですよね。

ではどうするか、

【漠然とした内容】ではなく、【具体的な内容】にして伝えてみるのが良いと思いますよ。

 

面接官「うちの会社に入ってどういうことをしたいですか、どうなりたいと考えていますか」

あなた「入社して5年目を目途に、単なる営業としてではなく、担当のクライアントを持って

    そのクライアント様に対する提案や営業は一手に私が引き受けているようになりたいと思います。

    実際に、先日の御社の座談会でいらっしゃった●●部の●●様がおっしゃっていたのですが、

    入社6年目でいま、関東の大手スーパー様への商品営業をすべての店舗で任されていると

    お聞きしました。

    私も同じように、入社してからコツコツとまずは目の前の仕事で結果を出していき、その上で、

    どこか一つのクライアント様と深い連携のとれる営業職になりたいと考えています。」

面接官「(よくうちの会社の営業の事を確認しているなぁ。)ではそこに向けてあなたはどんな

    意識で仕事をしていきますか?」・・・つづく

 

このように同じ「お客様から信頼を貰う」であっても【具体的なイメージ】がしっかりついている伝え方

になればなるほど、企業としては貴方への見方、捉え方がかわってきますよね。

 

【具体的に答える】これ結構大切です。

具体的に答えるためにも、説明会や座談会、OB訪問などで具体的な仕事内容をしっかり把握して

置くことの出来るような質問をすること、これも大切ですね。