【就活ポイント⑩】こんな動機は響きません・その1

 

久々のブログ更新、だいぶサボっていました。

早いもので21卒の新卒採用も動き始めつつというところで、今回は、面接やエントリーシートにおける

【志望動機】に関して良くある動機を考察していきます。

 

志望動機でよくあるのが

①働いている人が皆良い人だと感じたので応募しました

②理念に非常に共感をしたので応募しました

③自己成長が出来る職場だと思い応募しました

というようなものを良く聞きます。

ただですね、これらの動機、企業にはあまり響きにくい、下手したらほぼ響かない動機です。

企業側からすると、もっと他にうちの会社に関心を持った理由しっかりあるでしょ?

と言うようにとらわれてしまっても仕方ない、ちょっと「薄い」動機の印象が強いです。

 

今回はその中でも①の「働いている人が皆良い人だと感じたので応募しました」について

 

これは皆さんも正直、効力の弱い動機だろうというのは薄々感じていると思います。

まず企業からすると、

■うちの会社に入りたいということは、会社の業態や商品、環境などに興味があるはずだろう

と思って志望動機を確認するわけです。

その返事として、

■社員さんが皆いい人でした

■優しい人でした

のような返答ですと、それってどこの会社でもいいってことですか?という印象になるわけです。

この会社に興味を引いたポイントして、「人」を選ぶのであれば、

同じように良い社員が集まっている会社は山ほどあるわけで、

社員さんが良い人が多いからです、では、企業にとってはクエスチョンマークが残るだけになります。

 

そういう意味では、人に着地した動機は個人的にはあまりお勧めをしません。

■社員さんが非常に良い方が多い

■みな会社に向かって懸命な社員が多い

■一体感が強く良い印象の社員さんを多く見かけた

のような多くいる社員の一部を切り取って、凄い良い会社と感じましたでは、

あまりに弱い動機になってしまいますので、この辺りは気を付けたほうがいいと思います。

 

例えば、

貴方が、社員が一丸となって働いている会社で働きたいという想いがあるのでしたら、

社員が皆良い人が集まっていますというような表現で終わらせるのではなく、

■私は社員が一丸になって働いている会社を探しています

■というのも、こういう想いとこういう理由からそのような会社に強い関心があるからです

■説明会や座談会を通して若い社員の皆様がみな「一体感を重視している」とおっしゃっていた

■だからこの会社はそのような環境なのだろうと今は強く感じています

■是非そのような環境で自分を高め会社貢献をしたいと思っているのです

■よろしくお願いします!

のような展開までしっかりと伝えたほうがいいですね。

 

単に

社員さんが皆良い人が多く感じました

と言うような動機を伝える方、結構いらっしゃるんです。

人に着地しても構わないのですが、それならそれでなぜそこに着地をしたいのか

上記の例のようにしっかりと流れを持って語る、書くことが大切ですね。

 

次回は動機その2を書くつもりですが、

その時にも同じようなことを書きますが、

動機の基本は

★なぜそうおもっているのかと言う理由をしっかりと入れ込むこと

★なぜその要素が貴方にとって大切な要素なのかをしっかりと入れ込むこと

です。

単に、社員が良いではなく、

なぜ社員の良い会社に行きたくて、なぜそのように感じたのか、

この辺りまでしっかり落とし込んで動機に入れていくことをお勧めします。

(個人的には正直、社員さんが良い人が多いは使わないほうがいいと思っております。

その他にもいくらでも会社の良い点はきっとあるわけですからね)